Junko Mabuki 麻吹 淳子 Mabuki Junko

Junko Mabuki 麻吹 淳子 Mabuki Junko is a pink film actress who became famous in Nikkatsu Roman Porno films, particularly in 1981.

Born Sumiko Kono (河野 寿美子 Kono Sumiko?), she made her acting debut by 1979, in Aftermath of Battles Without Honor and Humanity (Eiichi Kudo), with the alias Jun Sakaki (榊淳 名 Sakaki Jun?). The same year, Kono came under exclusive Nikkatsu contract with the stage name “Junko Mabuki”. S&M author Oniroku Dan also approved of Mabuki and scripted her first lead role in White Uniform in Rope Hell (1980) especially for her. Following Naomi Tani’s sudden retirement in 1979, Mabuki was promoted by Nikkatsu as their new “SM Queen” (SMの女王 SM no joō?). Although Oniroku Dan was appreciative of her energy both onscreen and in actual sex life with her, Mabuki was not able to endure the physical strain that the S&M roles required, and she retired from acting after only two years.

Stats
Born in Oita Japan February 22, 1955
Height: 5’1″ (156cm)
Measurements: 36-24-37″ (93-63-95cm)
Junko Mabuki 麻吹 淳子 Mabuki Junko

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 002

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 003

L

L

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 005

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 006

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 007

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 008

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 009

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 010

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 011

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 012

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 013

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 014

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 015

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 016

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 017

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 018

Junko Mabuki Mabuki Junko www.ohfree.net 019
麻吹 淳子(まぶき じゅんこ、1955年2月22日 – )は日本の女優、モデル。

1955年2月22日生まれ。大分県別府市出身。本名は河野寿美子。東大阪女子短期大学児童学科卒業。
モデルとしてスカウトされ、タレント活動をスタート。 榊淳の芸名で、一般映画の端役やヌードグラビア、深夜放送のDJなどをしていたが、一念発起して1979年、にっかつロマンポルノ新人女優コンテストに応募、3位に入賞。
『宇能鴻一郎のあつく湿って』(1979年)でにっかつ初出演。芸名を麻吹淳子に改めて、助演を務めた『昭和エロチカ 薔薇の貴婦人』(1980年)での肉感的な体をフルに活かした責められ役が評判を呼び、 『白衣縄地獄』(1980年)で念願の初主演を果たす。 マスコミへのお披露目記者会見では原作者・団鬼六の出席のもと、集まったマスコミ陣の前で巨大な乳房を露わにして黒パンティ一枚の姿で登場し、前代未聞の緊縛ショーが行われ話題を呼んだ。 団曰く、「谷ナオミがマリリン・モンローなら、麻吹淳子はイングリッド・バーグマン」。 映画の中では鞭、ローソク、縛り、浣腸といったハードな責めを見事にこなし、前年に引退した谷ナオミの後を継いで「2代目SMの女王」となる。
B89・W63・90cmのグラマラスな肢体が人気を集め、映画のほか雑誌のヌードグラビアや深夜のテレビ番組への出演、さらに学園祭では学生に自らの裸体を縛らせてみせる活躍ぶり。 『団鬼六 薔薇地獄』(1980年)の主題歌「ふて節」(日本ビクター)でレコードデビューを果たし、この曲を含むエロティックな語りとドラマで構成されたアルバム『愛の奴隷』(1980年)をカセットテープのみでリリースした。
役柄は看護婦、歌手、秘書、銀行OL、女教師、女美容師などの職業女性を演じることが多く、 和服のイメージの谷ナオミとは違って、洋装の現代的な女性がマゾヒズムへと堕ちていくという新しいSM分野が開拓された。 1980年代になると女性の社会進出が著しく、彼女の主演映画はそうした時代背景にもとづいて、一見高飛車な女性に肉体的・精神的な辱めが加えられる描写が、当時の男性にカタルシスを与えて人気を呼んだともいえる。 マゾヒスト役のイメージが強いが、『ズームアップ ビニール本の女』(1981年)では男性を監禁する女性に扮し、『愛欲生活 夜よ濡らして』(1981年)では張り型をつけて同性を責める娼婦を演じている。
『団鬼六 女美容師縄飼育』(1981年)を最後に引退。やや垂れ気味ながらも豊満な乳房は健在であった。 わすか約二年間の非常に短い期間の活動だったのは身体を壊したためといわれているが、真偽のほどはさだかでない。

Reply